今話題のFXサービス
FX初心者向け基礎知識
ご利用に当たっての注意
FXは定期預金などとは異なり元本が保証される投資ではありません。実際の投資金以上の金額の取引が可能である為、投資金額以上の損失を被る可能性もあります。十分にご注意ください。
当サイトの掲載内容は出来る限り新しいものを掲載するよう心掛けておりますが内容を保証するものではありません。実際に契約・投資される場合は必ず各事業者のサイトにおいて最新の情報を十分に理解し納得した上で始める必要があります。
このサイトについて
FX比較・レビュー.infoはレンタルサーバーを選ぶ際にレンタルサーバー比較サイトの情報を活用しています。FXに最適なWindows仮想デスクトップサービス等の情報も掲載されています。

外貨預金・MMFとの比較

外貨預金や外貨MMFと比較してFXが有利と言われている点は?
外貨預金の代替手段としてFXを利用する方も増えてきているようですが、実際にはどうなのでしょう。ポイントをまとめてみました。

手数料の面では圧倒的にFXが低く有利だと言えます。数銭と数円では100倍近く異なります。取引額が数十万円・数百万円となるとこの差は無視できない金額となりますので十分に確認しておきましょう。

利子の点ではFXはレバレッジを掛ける事で多くのスワップ金利を得られる事から有利と言えます。しかし、その分元本に相当する資産のリスクは高まりますので十分な注意が必要です。

税金面を見ると外貨MMFは基本的に確定申告の必要が無く有利です。一般的な店頭取引のFXでは総合課税となりますので給与などと合わせた所得が330万円を超える場合は税率が30%以上となります。この場合は所得に関係なく税率一律20%の公的な取引所で扱うFXサービス(くりっく365など)を選択する事も検討すると良いでしょう。外貨MMF以外の方法では基本的に確定申告が必要となりますが、年間の利益が20万円以下の場合※は申告が不要な場合もあります。(※給与所得が2000万円以下で、かつ、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下)

  手数料相場(1ドル往復) 税金
外貨預金 2円 総合課税
15%~50%
確定申告必要あり
(利子は20%源泉分離課税)
外貨MMF 50銭 確定申告不要
(利子は20%源泉分離課税)
FX (一般的な店頭取引) 4銭 総合課税
15%~50%
確定申告必要あり
(スワップ金利も同様)
FX (くりっく365) 4銭
+各社手数料
分離課税
20%
確定申告必要あり
(スワップ金利も同様)
 

今話題の要チェックFXサービス